歯学部生の先輩から後輩へのアドバイス

10月26日(水)、2012年度卒業生で昭和大学歯学部へ進学した菊地俊介さんが本校を訪れ、歯学部志望の高校生を対象に受験対策や進学後の学習、大学生活、歯科医師の将来性などについて話をしました。参加した生徒たちは真剣に耳を傾け、話が終わった後も菊地さんに対して熱心に質問や相談をしていました。

 

image001

 

[参加生徒の感想]「今回のお話を聴き、私が改めて気づかされたことは、勉強の大変さと大切さです。大学に合格できたとしても、入学してから勉強ができなかったら意味がありません。ですから、計画的に勉強することを高校時代の今から習慣づけたいと思いました。先輩がおっしゃった中で、『本気で勉強するからこそ遊ぶときは本気で楽しむ』という言葉が一番心に響きました。私もこのような言葉が言えるように、本気で勉強に取り組みます」

 (高校2年 女子)