目標に向かって明るく前向きに・・・2015年度入学式

満開の桜に4月としてはめずらしい雪が舞い降りた8日(水)、2015(平成27)年度秀明学園入学式が創立者川島寛士先生他来賓の方々を迎え、第1体育館で盛大に挙行されました。

IMGP4658

はじめに、真新しい制服に身を包んだ新入生が、吹奏楽部の演奏する音楽に合わせて入場。全校生徒とご父母の大きな拍手を受けながら中央の赤絨毯を通って席へと着きました。続いて、開式に先立ち恒例の秀明太鼓の披露。5年生と6年生の4人が打ち手となり、力強い響きで会場を満たしました。

IMGP4641

式は司会による「開式のことば」で始まり、参加者全員で国歌斉唱。次に「入学許可書」が、五十子信彦中学校長から中学新入生代表に、神原洋高等学校長から高校新入生代表にそれぞれ手渡されました。続いて、中学校長、高等学校長の順で「式辞」が述べられた後、川島浩生理事長の「告辞」へ。最後に、新入生の代表が「新入生宣誓」を、それに応えて在校生代表が「歓迎のことば」を読み上げ、全員で校歌を斉唱。式後には新入生担当教職員、イギリス人教員等の紹介があり、ふたたび大きな拍手で新入生を初めてのホームルーム教室へと送り出しました。

IMGP4688

秀明で学ぶ喜びを実感」と挨拶…対面式

 

8日(水)の入学式後、第2体育館で新入生と2年生との対面式が実施されました。司会の生徒が開式の言葉を述べた後、新1年生の代表が「今日の式典中は、今まで味わったことがないほど厳かな雰囲気で驚きましたが、これから秀明学園で学ぶ喜びを改めて感じることができました」と挨拶。それに対して在校生の代表が「困ったことがあったら、いつでもわたしたちに声をかけてください」と返しました。最後に、2年生全員が「お・め・で・と・う」と声を合わせる演出があり、大いに会場を盛り上げました。また、これに先立つ7日(火)には、高校入学生の対面式が行われています。

IMGP4707