積極的に異文化体験を…中学2年生イギリス研修

4月15日(金)に羽田を発った中学2年生は、現在イギリスで研修の真最中です。
引率教員からの報告によると、現地時間の15日午後8時20分ごろ、男子はキングスゲート・カレッジ、女子はCCCチョーサー・カレッジに無事に到着し、カレッジ組とホームステイ組に分かれ、イギリスでの生活が開始されたとのことです。

image001

[引率教員からの報告]

「生徒たちは、学校での事前指導をよく心に留め、出国手続き、飛行機への搭乗もスムーズにできました。12時間という長い間を機内で過ごしましたが、一般の方に迷惑を掛けないようマナー良く過ごし、ヒースロー空港到着後の入国審査も円滑に済ませることができました。
「到着後は、すぐに食事をいただき、ホームステイ組は待ち構えていたホストファミリーの出迎えを受け出発しました。カレッジ組は夕食を済ませたあと部屋に戻り、その日はすぐに就寝しました。翌日はカンタベリーの街に出掛け、歴史ある街並みに感動しながら散策をし、午後はカレッジでの注意事項を確認しました。時差ぼけなど全く関係ないかのように全員元気に過ごしています」

image002

[生徒の感想]

「イギリスでとても楽しく過ごしています。僕は前半にホームステイだったので、キングスゲート・カレッジに着いたらホームステイファミリーが迎えに来てくれていました。英語で上手くコミュニケーションがとれるか心配でしたが、ファミリーはとても優しく接してくれて緊張がほぐれました。家はとても大きく安心して寝ることができます。ホームステイ先の子どもとボールで遊んだり、鬼ごっこをしたりして毎日がとても楽しいです。十分にコミュニケーションをとり、感謝の気持ちを伝えられるようにしたいです」

(男子)

「フリータイムでは街に出て、友人たちと買い物をしました。日本とはまったく違った環境でさらに言葉が通じるかととても緊張しました。でも分からないことを質問すると、よく聞いてくれ、丁寧に教えてくれたのでとても嬉しかったです。改めてこの機会を下さった創立者先生、両親に感謝し、英語の母国であるイギリスで色々なことを学んでいきたいと思います」

(女子)