風薫るなか全力を尽くす…体育大会

6月5日(金)、本校グラウンドにおいて第33回体育大会が盛大に開催されました。

朝8時30分、剣道部員の勇壮な秀明太鼓でスタート。その後、国旗、中学校旗、高校校旗を先頭とする堂々の入場行進へと移りました。吹奏楽部の演奏する曲のリズムに合わせ、生徒全員が足を揃え、指先まで伸ばして行進する姿は文字通り集団の美と迫力を表し、見る人に大きな感動を与えていました。

IMGP5235

全員が開会式の位置に整列すると、「開会の言葉」、「優勝旗返還」、「生徒宣誓」、「競技上の注意」へと続き全員が「準備運動」を行った後、紅白に分かれて力と技を競い合う対戦が始まりました。

IMGP6015

トラック競技や団体種目が会場を沸かせ、クライマックスとなる秀明三校対抗リレー、クラス対抗リレーとプログラムは順調に進み、予定された種目を全て無事に終了しました。

IMGP5434

閉会式ではまず「成績発表」。終始リードした赤組が、白組992点を上回る1087点を積み上げて勝利したことが告げられると、白組からもあたたかい拍手が送られました。最後は、「閉会の言葉」によって、白熱した「技」の競演に終止符が打たれました。