1日医療体験に参加

埼玉県総合医局機構は、将来医師を目指す高校1・2年生を対象として、病院見学や医療体験、医師との懇談などを行う「高校生の志」養成事業を実施しています。

resize0131

11月16日(土)、この養成事業により、埼玉医科大学総合医療センター(川越市鴨田)において「一日医療体験」が実施され、本校からは高校2年生14名が参加しました。

resize0133

大学病院では、施設見学や模擬医療体験のほか、若手医師とのグループ懇談も行われました。現在、埼玉医科大学に在学中の本校卒業生、西秀仁さんも会場に駆け付けて医療体験会に加わってくれています。参加した生徒たちは、貴重な体験をすることができたと喜ぶとともに、医師になる志を確固たるものにしたようです。

resize0134

(生徒の感想)

「医療体験を通して、医師になりたいという思いがさらに強くなりました。当日は、医師との懇談会や医療器具体験、ドクターヘリを含む施設見学などがありましたが、最も印象に残っているのは周産期医療施設の見学です。保育器の中で必死に生きようとしている新生児を見て、人間の生命力を実感するとともに、治療にあたっている医師の方から貴重なお話を聞くことができ感動しました。」(A.Fさん)

resize0136