ご挨拶

天性を引き出し、先伸びする教育を実践

秀明学園は、創立者・川島寛士先生が「全寮制」「中高一貫」「全人英才教育」を三大特色として、1978(昭和53)年4月に秀明中学校を、翌1979(昭和54)年4月に秀明高等学校を開校し、独自の理想教育を行ってきました。

開校以来「知・技・心」を校訓に、「知的学習」「技の学習」「心の学習」を実践しています。特に、先人たちの築いた貴重な知識と経験をもとに「善と悪」「許せることと許せないこと」の規範を重視し、学習者の「知的充実」と望ましい生活習慣を身につけた「確かな人間形成」に役立つ教育を推進しております。

さらに本校は、責任の原理に基づき、保護者と学習者の希望を実現するため、「学校と家庭」「教員と保護者」は信頼関係を深め、共に育てる「共育」と、お互いに協力しあう「協育」を通して、理想の教育実践を行っています。

幸い多くの卒業生が社会の各方面で活躍し、秀明教育で培われた優れた人柄や品性が高い評価を受けています。

これからも、教育の真理を追究し、真に保護者の信頼と期待に応える教育の実現のため、全教職員が心を一つにして懸命に努力してまいります。

(高校からの入学者は、希望により通学制も可能です)